【巨人】先発の直江大輔が4回8安打2失点で降板…フェニックス・リーグ

スポーツ報知
直江

◆みやざきフェニックス・リーグ ソフトバンク―巨人(13日・SOKKENスタジアム)

 巨人の直江大輔投手が先発し、4回で8安打を浴びながらも2失点で踏みとどまった。

 初回先頭の佐藤直、続く川原田の連打でいきなり一、三塁とピンチを背負うと1死からアルバレスの左前適時打で先制点を献上。それでも続く中谷は投ゴロ併殺に仕留めて最少失点で切り抜けた。

 続く2回は先頭・野村、続く井上の連続二塁打で1失点。3、4回も先頭にヒットを許したが、ゼロで抑えた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請