【秋華賞】ルメールがファインルージュとのコンビ復活に自信「ソダシにリベンジできる」

スポーツ報知
インタビューに答えるクリストフ・ルメール騎手

 秋華賞でファインルージュ(牝3歳、美浦・岩戸孝樹厩舎、父キズナ)とコンビを組むクリストフ・ルメール騎手(42)=栗東・フリー=が13日、美浦トレセンで会見し、「ファインルージュは今回ソダシにリベンジ、復しゅうすることができると思います」と自信を口にした。この日の最終追い切りには騎乗しなかった。一問一答は以下の通り。

 ―1週前に美浦・Wコースでファインルージュにまたがりました。感想は?

 「先週軽い追い切りをしてくれた。馬の状態は良さそうですね。手応えはとても良かった。3週前に競馬したので、速い追い切りは必要なかった。いいコンディションだからメンテナンスでした」

 ―1月のフェアリーSで勝って以来のコンビとなりますが、馬の変化はどう感じていますか?

 「パワーアップしたと思いますね。1月から10月の間で大人になりました。体も大きくなったし、能力は同じですけど、体がパワーアップしました。1月に勝った時はすごくいい瞬発力を使ってくれました。前回(紫苑Sで)福永騎手が乗った時に最後すごくいい脚を使いました。乗りやすい馬だし、最後に加速することができます。ハイレベルでいい競馬をすることができますね」

 ―1月に勝ったときにルメール騎手は絶賛していました。

 「能力を見せてくれました。直線では気持ちはちょうどよかった。絶対クラシックにいけると思ったし、クラシックでもいい結果を出してくれた。オークスは長かったけど、桜花賞でいい競馬をしてくれた。改めてG1レベルでいい競馬を期待しています」

 ―メンタル面でも良くなった部分があると思います。

 「(紫苑Sのときに)スタート前、ポケットでよく観察しました。馬の体がすごいきれいだったし、メンタルもちょうどよかった。とても静かでした。一番のライバルだと思っていたので。やっぱり楽勝しましたね」

 ―秋華賞に向けてどうでしょうか。

 「改めてこの馬に乗ることができてとてもうれしいです。ファインルージュは今回、ソダシにリベンジ、復しゅうすることができると思います」

 ―リベンジのカギとなるのは?

 「ソダシはとてもタフな馬ですね。だからソダシのちょうど後ろにいたら大丈夫だと思います。併せに来たら大変になると思う。ソダシとファインルージュの間に大きな差(間隔)があればいいですね。並んできたらソダシはずっと反応して止まらない馬ですから」

 ―阪神は日曜日は雨予想です。

 「ファインルージュにとってはわからないですね。馬場がどんなコンディションきあもわからないですからね。重馬場も合うかどうかもわからない」

 ―ルメール騎手は先週土曜のサウジアラビアロイヤルC、日曜の毎日王冠と重賞をともに勝って絶好調です。

 「今週は秋華賞。先週は土日で重賞で優勝しました。今週も頑張りたい。ファインルージュはいい状態ですし、いい結果を出すことができると思います。応援してくれればと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請