作詞家の小倉めぐみさん死去 61歳 南野陽子「はいからさんが通る」SMAP「がんばりましょう」…

スポーツ報知

 女優の南野陽子(54)の「はいからさんが通る」やSMAPの「がんばりましょう」など、多くのヒット曲を手掛けた作詞家の小倉(おぐら)めぐみさんが9月14日に死去していたことが12日、分かった。61歳だった。関係者が明らかにした。

 「はいからさん―」は87年にリリースされ、同年に南野主演で映画化もされ、主題歌にもなった。南野には「楽園のDoor」「秋からも、そばにいて」など多くのヒット曲を提供した。

 SMAP楽曲の作詞も多く、94年9月にリリースした「がんばりましょう」は、95年3月の「第67回センバツ高校野球大会」の入場行進曲に。「たぶんオーライ」もヒットした。ほかにも原田知世、少年隊、田原俊彦、酒井法子ら多くの歌手に作品を提供した。

 南野陽子「コロナ禍までは、1年に一度は必ずお会いしていて、もう少ししたらお会いできると思っていました。私自身、めぐみさんが紡がれた物語にどれだけ励まされてきたことか…心よりご冥福をお祈り申し上げます」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請