GK権田修一 白星にもスーパーFK決められた「素晴らしいシュートでした、と言ったら先がない」

スポーツ報知
後半25分、 フルスティッチのFKで失点したGK権田修一

◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第4戦 日本2―1オーストラリア(12日・埼玉スタジアム)

 サッカー日本代表はW杯最終予選B組で首位のオーストラリアにホームで2―1と勝利した。前半8分にMF田中碧が左クロスに右足を合わせて先制点。後半25分に直接FKを決められ同点となったが、同41分にFW浅野拓磨のシュートがオウンゴールを呼び込み、勝ち越した。ここまで3試合1得点、1勝2敗と負ければW杯出場が絶望的になる大一番で、勝ち点3をもぎ取った。

 複数決定機を阻止したGK権田修一は「まず勝ち点3は今日は絶対条件だった。今日は入りからみんながアグレッシブな戦いができた。あそこ(同点シーン)でバラバラになってもおかしくなかったけど、時間もあったし、落ち着いて返せる自信を持てたのは良かった」と勝利にホッとした表情を浮かべた。痛恨のミスから失点を喫したサウジアラビア戦から練習できたのは実質2日間。密なコミュニケーションで立て直しを図ったチームにも胸を張った。

 勝利に終わったが、権田は「ちょっと言わせてください」と失点シーンについても言及。直接FKはMFフルスティッチがゴール左上への強烈なシュートをたたき込んだ。しかし「素晴らしいシュートでした、だからしょうがないですと言ったら先がない。あれを僕自身が止めることもだし、壁の作り方、チームとして防げるように。僕自身向上しないといけないところ、こだわっていきたい」と悔しさをバネに、今後に向けての修正を誓った。

 来月はアウェー2連戦が待ち構える。この日の勝利で望みはつないだが、この先も一戦も落とすことはできない。「今日の試合がベストじゃないし、向上する余地がたくさんある。試合後も左サイドの選手は左サイドの選手で、『もっとこうしたほうが良かった』とかたくさん話していた。それはこれからのこのチームの伸びしろだと思う。もっともっとアップデートしていかないと」とW杯出場へ、連勝街道を見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請