田中碧ちょっといい話 高校時代に読んだノムさんの言葉を胸に地道に努力

スポーツ報知
前半8分、シュートを決めた田中碧はガッツポーズ(カメラ・頓所美代子)

◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第4戦 日本2―1オーストラリア(12日・埼玉スタジアム)

 東京五輪世代MF田中碧(23)=デュッセルドルフ=が、森保ジャパンの救世主となった。前半8分、ゴール前に進入して代表初ゴールとなる先制点をマーク。14年ブラジルW杯予選(12年6月)の栗原勇蔵以来、13人目の最終予選初出場初ゴールとなった。1―1の後半41分には途中出場のFW浅野拓磨(26)=ボーフム=が、オウンゴールを誘発する左足シュート。広島時代の恩師・森保監督の窮地を救った。

 * * *

 田中碧は周囲も一目置く「健康オタク」だ。今夏、自身初の海外移籍。慣れない異国の環境で不安定になりがちな食事や睡眠などに人一倍気を使う。20種類以上のサプリを摂取し、青汁や梅じそ汁を飲む毎日。日本製の高反発マットレスや枕をそろえて睡眠時間を充実させ、5本指の靴下やシャツの素材など衣類もこだわりは強い。「毎日サッカーのことしか考えない」。田中をよく知る関係者は「プロ1年目(17年)に1試合も出られなかった悔しさがあり、海外では特に体が大きくない欠点を補おうとする気持ちの表れでは」と話す。

 得意科目は数学で、スキーは検定1級の腕前。読書好きで高校時代に書店で手に取ったのは元プロ野球・野村克也氏の著書。「1年目には種をまき、2年目には水をやり、3年目には花を咲かせましょう」の一節を胸に、地道な努力でのし上がった。(星野 浩司)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請