【大学野球】巨人ドラ5岡田悠希 DeNAドラ2徳山壮磨の前に3打数無安打 プロの舞台で雪辱誓う

スポーツ報知
6回2死一、三塁で左邪飛に倒れる岡田

◆東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第3日 ▽早大0―0法大(12日・神宮)

 法大は、巨人にドラフト5位で指名された岡田悠希外野手(4年)が「3番・中堅」で出場。DeNAに2位指名された早大のエース・徳山壮磨(4年)との対決は3打数無安打に終わったが、プロの世界でリベンジすることを誓った。試合はDeNA4位指名の法大のエース・三浦銀二(4年)が9回を4安打無失点と好投。徳山と互角の投手戦を展開し、0―0で引き分けた。

 高々と打ち上がった飛球を見上げ、岡田悠は悔しそうに一塁へ走り出した。6回2死一、三塁の先制機で左邪飛。その後も得点は奪えずにスコアレスドロー。「何とか点を取りたいと思ったんですけど…。思うような結果が出ずに(三浦)銀二を勝たせることができなかったので悔しいです」と唇をかんだ。

 吉報が届いたドラフトから一夜が明け、気持ちを切り替えて臨んだ一戦だった。相手はDeNA2位の徳山。「スライダーと真っすぐのキレがすごくある。でも、このピッチャーを打たないと、プロでは通用しないというか話にならない」。気合を入れて打席に入ったが、3打数無安打(その後、2番手から1四球)。一方の徳山は、7回2安打8K無失点の好投だった。

 快音こそ響かせられなかったが、スケールの大きな左打者だ。名門・龍谷大平安高時代は、2年春のセンバツでバックスクリーン右に特大弾を打ち込み、「東の清宮、西の岡田」と並び称されたほどの逸材。しかも、50メートル走6秒0、遠投120メートルという抜群の身体能力の持ち主でもある。将来のトリプルスリーも狙えるアスリート型スラッガーだ。

 ネット裏では、指名した巨人の高田スカウト部参与が視察。「守備はすでに1軍レベルだし、走塁面も成長している。でも、課題はバッティング。打てなければ意味がない」。担当スカウトであり、法大の先輩でもあるだけに辛口のエールを送った。

 岡田悠は「今日はこのような結果になったので、次は絶対に打てるように練習に取り組みたいです」と、プロの世界でのリベンジに闘志。もちろん、今秋のリーグ戦でも大暴れしてみせる。(片岡 泰彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請