森保一監督、試合後の円陣に「みんなの勝利だと選手に伝えた」

スポーツ報知
試合後、サポーターにあいさつする森保一監督(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第4戦 日本2―1オーストラリア(12日・埼玉スタジアム)

 東京五輪世代MF田中碧(23)=デュッセルドルフ=が、森保ジャパンの救世主となった。前半8分、ゴール前に進入して代表初ゴールとなる先制点をマーク。14年ブラジルW杯予選(12年6月)の栗原勇蔵以来、13人目の最終予選初出場初ゴールとなった。1―1の後半41分には途中出場のFW浅野拓磨(26)=ボーフム=が、オウンゴールを誘発する左足シュート。広島時代の恩師・森保監督の窮地を救った。

 ◆森保一監督に聞く

 ―田中、守田を起用し、中盤の形を変えた意図は?

 「2人の調子を見て先発起用しようと考えた。その2人を使うことでどういう形が一番力が出るかを考えた。かつオーストラリアとのマッチアップを考え、我々のストロングポイントが出せ、相手の良さを消せるように」

 ―試合後の円陣では?

 「みんなの勝利だと選手に伝えた。ベンチのサポートメンバーも一緒になって戦い、サポーターの皆さんが共感、共鳴してくださり、大きなパワーとなって戦えたと選手に伝えた」

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請