オカダ・カズチカ、オーエンズ下し破竹の開幕7連勝「もちろん、全勝優勝目指してやっていきます」

スポーツ報知
チェーズ・オーエンズに快勝し、開幕7連勝を飾ったオカダ・カズチカ(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「G1クライマックス31」大会 ▽「G1クライマックス31」Bブロック公式戦30分1本勝負 〇オカダ・カズチカ=7勝0敗、勝ち点14(15分37秒 マネークリップ)チェーズ・オーエンズ=1勝6敗、勝ち点2●(12日、宮城・仙台セビオアリーナ、観衆961人)

 G1優勝での完全復活を誓ったオカダ・カズチカがチェーズ・オーエンズを下し、破竹の開幕7連勝を飾った。

 今大会絶好調のオカダは初のシングル対決となったオーエンズ相手に序盤からパワフルかつスピーディーな攻撃を披露。最後は今大会フィニッシュホールドとしてきたレインメーカーではなく、マネークリップで捕獲。ギブアップを奪った。

 バックステージで「チェーズなんかに、こんなに苦戦するとは思わなかった。まあ、そういう意味では、また、しっかりしなきゃダメだなと思うことができました。いいタイミングで闘えたんじゃないかなと思います」と豪語したオカダ。

 「でも、これがG1。どんどんキツイ闘いが終盤になるにつれて。終盤になったからって、その闘いが軽くなるもんじゃなくて、キツくなっていく中で闘っているんで」と続けると、「もちろん、全勝優勝目指してやっていきますよ。しっかりと、もちろん復活ってものを、しっかり見せていかないとと思います」と汗まみれの顔で言い切った。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請