【阪神】青柳晃洋、7回6安打1失点で12勝目の権利 終盤のピンチで大城&坂本斬り

スポーツ報知
阪神先発の青柳晃洋

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(12日・東京ドーム)

 阪神・青柳晃洋投手が7回6安打1失点の好投を見せて降板。リーグ最多となる12勝目の権利を持って、マウンドを救援陣に託した。

 5回まで2安打投球を見せていたが、1点リードの6回2死一、二塁で丸に中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴びる。さらに代打・亀井に死球を与えて満塁のピンチを背負ったが、大城から144キロの速球で空振り三振を奪い、同点は許さなかった。

 7回には三塁・佐藤輝の失策などで2死一、二塁とされたが、最後は3番・坂本を143キロのツーシームで遊ゴロに仕留めた。今季エース級の働きを見せる右腕が真価を発揮した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請