【解説】W杯予選プレーオフ…アジア予選グループ3位になると険しい道のり

スポーツ報知
W杯アジア予選のシステム

 アジア5位を決めるアジア地区プレーオフ(22年5~6月予定)でA組3位とB組3位が一発勝負で対戦。勝者が同年6月の大陸間プレーオフ出場権を得る。大陸間プレーオフはアジア5位、北中米カリブ海4位、南米5位、オセアニア代表の4か国で組み合わせ抽選を行い、2組に分かれてホーム&アウェー方式で対戦。勝利した2か国がW杯出場権を獲得する。

 11日現在、A組3位がUAE、北中米カリブ海4位がカナダ、南米5位がコロンビア。オセアニアはニュージーランドが濃厚。

 ◆日本代表のW杯最終予選

 ▽第1節 日本0―1オマーン

 ▽第2節 中国0―1日本

 ▽第3節 サウジアラビア1―0日本

 ▽第4節 日本―オーストラリア

 ▽第5節 ベトナム―日本

 ▽第6節 オマーン―日本

 ▽第7節 日本―中国

 ▽第8節 日本―サウジアラビア

 ▽第9節 オーストラリア―日本

 ▽最終節 日本―ベトナム

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請