【ドラフト】巨人2位JR東日本・山田龍聖、指名後9回から登板 午後10時55分18回途中まで熱投

9回から登板したJR東日本・山田龍聖
9回から登板したJR東日本・山田龍聖

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

 巨人から2位指名を受けたJR東日本の左腕・山田龍聖投手が、午後6時開始の都市対抗野球東京第3代表決定戦・セガサミー戦(神宮)で熱投した。

 3―3同点の9回から登板。16回まで7イニングノーヒットピッチングの快投を見せ、3―3の17回2死一、三塁も踏ん張って無失点。球数が140球を超えてきた18回1死、勝ち越しソロを浴びるなどしてこの回途中で降板したが、9回1/3を10奪三振1失点と好投した。

 山田が勝ち越しソロを浴びたのが、大会ルール「午後11時を超えて新しいイニングに入らず引き分け再試合」の適用目前の午後10時55分という大熱戦だった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請