【ドラフト】広島は過去最多タイの育成4人指名 計11人は最多「バラエティーに富んで」

スポーツ報知
 

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

 広島は育成ドラフトで2011年に並ぶ過去最多タイの4人を指名した。

 1位は田辺・新家颯投手、2位は敦賀気比・前川誠太内野手、3位は高岡第一・中村来生投手、4位は中部学院大・坂田怜投手。支配下の7人と合わせ、計11人の指名は育成ドラフト導入後の最多となった。白武スカウト部長は「即戦力の投手を3人、大砲も捕手も。育成で内野もいるし、若い(高校生)投手も。バラエティーに富んだ補充ができたと思う。きっちり補強はできた。人数は多かったね」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請