柳家花緑、バレエ落語第3弾は「くるみ割り人形」兄・小林十市と共演した唯一の作品「僕の原点」

面白い創作落語を披露したいと話した落語家の柳家花緑
面白い創作落語を披露したいと話した落語家の柳家花緑

 落語家の柳家花緑(50)が、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と並ぶ「3大バレエ」の1つ、「くるみ割り人形」の落語化に挑戦している。

 「絶賛執筆中です」と花緑は笑った。9歳で初高座に上がる前の小学2年の時、元バレエダンサーで現在は俳優・振付師の兄・小林十市(52)とともにクラシックバレエ教室に通った。花緑は1年でやめたが、原体験がある。

 「兄と共演した最初で最後の作品が『くるみ割り人形』だったんです。序曲からおしまいの曲まで全部頭に入っています。思い入れがあります」。発達障害であることをカミングアウトしている花緑。当時の落ち着きのなさに、英国人演出家が“当て書き”で演出を変更し、大きな笑いを取った。それが「僕の原点かもしれません」という。

 30歳で初めてバレエ落語を始めた。古典バレエの名作「ジゼル」を落語化し「おさよ」を創作。「白鳥の湖」は「鶴の池」に生まれ変わった。言葉を置き換えたり改良を続け、東京シティ・バレエ団とコラボするまでになった。今回が第3弾。「50歳になった自分がどう料理できるか楽しみです」と話す。

 クリスマス・イブの夜、くるみ割り人形をプレゼントされた少女が夢の冒険する物語。舞台は江戸に、新年会で集まり初夢を見て…と構想は決まった。「くるみ割り侍が出てきたり。古典にするといろいろ引き出しがあるのでそれを駆使したい」

 生みの苦しみの真っ最中だが「真摯(しんし)に作品に向き合って、笑える面白い落語にしたい」。今月22、23日に東京・イイノホールで行う独演会「花緑ごのみ」で、「くるみ割り人形(仮)」として口演する。(高柳 義人)

 ◆柳家 花緑(やなぎや・かろく、本名・小林九=こばやし・きゅう)1971年8月2日、東京都生まれ。50歳。9歳で高座に上がり、中学卒業後の87年3月、祖父の5代目・柳家小さんさんに入門。「九太郎」で前座。89年に二ツ目昇進し「小緑」。94年3月に31人抜きで、戦後最年少の22歳での真打ち昇進。「花緑」に改名。叔父は6代目・柳家小さん、兄は元ダンサーの小林十市。出ばやしは「お兼ざらし」。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請