【ドラフト】DeNA・三原一晃球団代表「100点」 大学、高校のNO1評価投手両獲り成功

市和歌山・小園健太の交渉権を獲得したDeNA・三浦大輔監督
市和歌山・小園健太の交渉権を獲得したDeNA・三浦大輔監督

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

 DeNAは、「高校BIG3」の一角で、市和歌山のMAX152キロ右腕・小園健太(18)を1位指名し、阪神との2球団競合となったが、三浦大輔監督が引き当てた。

 セ・リーグ最下位のためトップで指名できた2巡目は、早大の右腕・徳山壮磨投手を指名。3位以下は高校生、大学生をそれぞれ投手と野手1人ずつを指名した。育成選手も3人を指名。ドラフトを終えた三原球団代表は「100点でいいんじゃないでしょうか。今年考え得るドラフトで色々シュミレーションしたけど非常にいい内容」と何度もうなずいた。

 スカウト会議の中で小園は高校生NO1投手、徳山は大学生NO1の評価だったDeNA。2巡目のトップ指名だったことも功を奏し三原代表は「結果的に高校生の投手のNO1で評価が一番高い選手、大学生で一番評価の高い投手2名を獲得できた。野手陣は内野、外野で非常に評価の高い選手を獲得できて、非常にいいバランスになった」と手応えを口にしていた。

 ◆DeNAの指名選手

〈1〉小園健太 投手 市和歌山高

〈2〉徳山壮磨 投手 早大

〈3〉粟飯原龍之介 内野手 東京学館高

〈4〉三浦銀二 投手 法大

〈5〉深沢鳳介 投手 専大松戸高

〈6〉梶原昂希 外野手 神奈川大

 (育成)

〈1〉村川凪 外野手 四国IL徳島

〈2〉東出直也 捕手 小松大谷高

〈3〉大橋武尊 外野手 BC茨城

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請