藤井三冠世代の19歳・伊藤匠四段が新人王戦優勝

スポーツ報知
新人王戦優勝を果たした伊藤匠四段

 将棋の第52期新人王戦決勝三番勝負第2局が11日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、後手の伊藤匠四段(19)が104手で古賀悠聖四段(20)に勝ち、シリーズ2連勝で初の棋戦優勝を果たした。

 局後の伊藤四段は「今はホッとしているというのが正直なところです。ひとつ結果を残すことができたので、いろんな棋戦で活躍できるようにしたいです」と語った。

 伊藤四段は、藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=と同学年。誕生日が藤井三冠より遅い10月10日のため、現役最年少棋士でもある。今年、非公式の団体戦「ABEMAトーナメント」で藤井三冠の指名を受け、高見泰地七段との3人チームで優勝を果たし、人気も急上昇中だ。

 昨年10月に四段昇段。デビューから2連敗と苦しんだが、その後は白星を積み重ね、現在は30勝10敗(・750)と高勝率をマークしている。今回は初めての棋戦優勝となった。

 将棋界には8大タイトル戦の他に7つの一般棋戦がある。7棋戦のうち「新人王戦」「YAMADA杯」「加古川青流戦」の3つは若手のみに参加資格を与えている(年齢や段位でそれぞれに基準がある)。新人王戦は〈1〉26歳以下〈2〉六段以下(タイトル戦未経験者)〈3〉26歳以下の成績上位女流棋士4人〈4〉アマチュア棋戦・赤旗名人戦優勝者〈5〉前期三段リーグ成績上位者が参加できる。

 新人王戦は羽生善治九段(51)、渡辺明名人(37)=棋王、王将=、藤井三冠優勝を経験した登竜門として知られている。

 ◆伊藤 匠(いとう・たくみ) 2002年10月10日、東京都世田谷区生まれ。19歳。宮田利男八段門下。5歳の時、父に教わって将棋を始める。2013年9月、棋士養成機関「奨励会」入会。18年4月から三段リーグ参加。20年10月、四段昇段。趣味は野球観戦で大の中日ファン。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×