【ドラフト】ソフトバンクが交渉権獲得の明桜・風間球打、輿石重弘監督と喜ぶ

スポーツ報知
ドラフト会議開始前に会見場に入場した明桜・風間球打

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

 高校世代最速157キロを誇る明桜(秋田)の右腕・風間球打(きゅうた)投手(18)はソフトバンクが1位で単独指名し交渉権を獲得した。

 風間は会見場に高校の制服に身を包んで登場。ドラフト会議を中継するテレビの画面を食い入るように見つめた。テレビから流れるアナウンスで自分の名前が呼び上げられと表情を引き締め、ソフトバンクの交渉権が確定すると会見に同席した輿石重弘監督(58)と顔を見合わせて喜んだ。この日が18歳の誕生日。最高のプレゼントが届けられた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請