【2歳新馬評価】出遅れ、直線2頭の間をこじ開けたピンハイ、センス、勝負根性あり…課題はゲート

スポーツ報知
ピンハイ(左)

 9日の東京5R(芝1800メートル)は、9月のセントライト記念を勝ったアサマノイタズラの半妹モカフラワーが、直線で内から抜け出し、デビュー戦を飾った。石川裕紀人騎手は「着差以上に余力がありました」と走りを評価した。10日の東京4R(芝1600メートル)は、キタサンブラック産駒のラスールが快勝。ルメール騎手は「新しいグランアレグリア」とその才能を絶賛した。

【10月10日・阪神4R、2歳新馬、芝1400メートル、良馬場=14頭立て】

◆ピンハイ(牝、栗東・田中克典厩舎、父ミッキーアイル、母レイテッド、母の父ジャングルポケット)420キロ、馬主=北畑忍、生産牧場=ヒダカファーム

【血統】祖母タックスシェルター(父フジキセキ)の系統からは、ファンタジーS3着グレナディーン(牝、父スペシャルウィーク)、新潟大賞典2着アトミックフォース(牡、父ワークフォース)が出た。

【レースVTR】スタートで2馬身ほど遅れ後方からの追走。直線なかばでようやく追い出しを開始したが、そこからは一気に加速し、最後はワンリオンとアエリーゾの間を割るように差し切った。勝ち時計は1分23秒0。

【コメント】高倉稜騎手「新馬だけど思いのほか流れてくれて、馬のリズムで運べました。直線はスムーズじゃなかったけど、そのぶん、開いた時にいい脚を使ってくれました。スタートは使いつつ、上達してくれれば」

【将来性】★★★  ※直線の伸び、2頭の間を割った勝負根性を評価。課題はスタート。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

タイセイジャスパー◇ 9日東京4Rダ1600(吉澤ステーブルEAST)

モカフラワー   ◇ 9日東京5R芝1800(吉澤ステーブルEAST)

レッドゲイル   ◇ 9日東京6Rダ1400(高橋TC)

シダー      ◇ 9日阪神4Rダ1400(宇治田原優駿ステーブル)

アートハウス   ◇ 9日阪神5R芝2000(信楽牧場)

ジャスパーグレイト◇ 9日阪神6Rダ1800(チャンピオンヒルズ)

スマートプレジール◇ 9日新潟5Rダ1200(吉澤ステーブルWEST)

ラスール     ◇10日東京4R芝1600(ノーザンファーム天栄)

テラフォーミング ◇10日東京5R芝2000(吉澤ステーブルEAST)

ピンハイ     ◇10日阪神4R芝1400(宇治田原優駿ステーブル)

タガノエスコート ◇10日阪神5R芝1800(宇治田原優駿ステーブル)

グランデレジーナ ◇10日新潟5R芝1600(ノーザンファームしがらき)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請