高知・森木大智ドラフト広島、阪神などが1位指名の最終候補に残したか

スポーツ報知
高知・森木大智

 「高校BIG3」の運命は―。11日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」では、市和歌山の152キロ右腕・小園健太、高知の154キロ右腕・森木大智、明桜(秋田)の157キロ右腕・風間球打(きゅうた、いずれも18)の高校生投手3人が1位指名の有力候補に挙がる。風間が唯一、ソフトバンクからの1位指名を公表されているが、1番人気は数球団の競合が見込まれる小園となりそうだ。

 最速154キロ右腕の高知・森木は、広島、阪神などが1位指名の最終候補に残しているとみられる。隅田、小園に指名が集中すると判断した球団が、当日、森木に狙いを定める可能性も十分に考えられる。

 高知中3年時に軟式史上最速とされる150キロをマークし、春夏の全国大会で優勝した。高知高では入学当初から全国的な注目を集めた。甲子園出場こそなかったものの、多彩な変化球に加え、身体能力や将来性の高さが評価されている。プロでは二刀流への意欲も示している。

 この日は高知市の春野球場を訪れ、秋季高知県大会決勝で明徳義塾と対戦(0―1、延長11回サヨナラ負け)した後輩を応援。「自己分析や今、何が必要かという思考力は高校野球をやってきて身につけたもの。そこは負けない」とプロの舞台を見据えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請