柳家小三治さん 夕食とり入浴後に自室で急死…妻・和世さん発見「本人も全く死ぬつもりはなかったと思います」

スポーツ報知
名人芸を貫き、人生の幕を下ろした柳家小三治さん

 人間国宝の落語家・柳家小三治(やなぎや・こさんじ、本名・郡山剛蔵=こおりやま・たけぞう)さんが7日に心不全のため都内の自宅で亡くなったことが10日、分かった。81歳。故人の遺志でこの日、近親者と直弟子ら約20人で密葬を済ませた。喪主は長男の郡山尋嗣(こおりやま・ひろつぐ)氏。お別れ会の予定はないという。小三治さんは5代目・柳家小さんさんに入門。早くから頭角を現し、柳派の正統派として話芸を極めた。

 昭和、平成、令和を駆け抜けた名人が静かに人生の幕を下ろした。

 7日午後7時半頃、小三治さんが自宅2階の自室で倒れているのを妻の和世さんが発見。救急車で都内の病院に運ばれたが、同8時に死亡が確認された。マネジャーの倉田美紀さん(42)によると、前日の6日も掃除をしに来た弟子らと談笑するなど元気で、16日の栃木での落語会を楽しみにしていた。7日も普段通り夕食と入浴を済ませた後に倒れたとみられる。

 小三治さんは長年リウマチや糖尿病などを患い、17年には頸椎(けいつい)を手術。その後仕事をセーブしていたが、腎機能障害などによる入院治療を終えて今年5月に高座復帰してからは体調も回復。来年まで仕事が入っており、倉田さんは「本人も全く死ぬつもりはなかったと思います」と話した。今月2日、東京・府中の森芸術劇場「柳家一門会」での「猫の皿」が最後の高座となった。

 小三治さんは生前から「死んだ時の悲しみは、それぞれが心の中でそっと思ってくれればいい」と話しており、10日に東京・落合斎場で親族、直弟子ら約20人で密葬を済ませた。人間国宝認定時に落語協会からもらった着物に、師匠の小さんさんから譲り受けた帯を締めて、天国へ旅立った。本名の一文字「剛」、芸などに優れたとして「優」を入れた「昇道院釋剛優(しょうどういんしゃくごうゆう)」が法名となった。四十九日法要後に東京・四谷の法雲寺に納骨される予定。

 小三治さんは、教員だった父親の反対を押し切って高校卒業後の59年に入門。17人抜きで真打ちに昇進し、師匠も名乗った「小三治」を襲名した。春風亭柳朝さん、古今亭志ん朝さん、立川談志さん、5代目・三遊亭円楽さんの「四天王」より少し下の世代だが、天才肌で柳派の滑稽噺(ばなし)を受け継ぐ正統派として肩を並べるようになり、落語通だけでなく、初心者からも人気を集めた。本編に入る前の「まくら」はとぼけた味わいで徐々に時間が長くなるも、逆に評判となり、「まくら」をまとめた著書が出版されるまでになった。

 2010年からは落語協会の会長を2期4年務め、年功序列となっていた真打ち昇進の基準を変更。春風亭一之輔、古今亭文菊らを香盤(落語家の序列)を超えて昇進させ、落語界の発展に一石を投じた。14年に師匠の小さんさん、上方の桂米朝さんに続く落語界3人目の人間国宝に選ばれ、至芸を披露。最近は、弟子に手を引かれ高座に上がるなどしていたが、座布団の上では衰えを見せなかった。文字通り生涯現役として、最後まで名人芸を貫いた。

 ◆柳家 小三治(やなぎや・こさんじ)1939年12月17日、東京都新宿区生まれ。都立青山高校卒業後、59年3月に5代目・柳家小さんさんに入門。前座名「小たけ」で初高座。63年に二ツ目に昇進し「さん治」と改名。69年に17人抜きで真打ち昇進。10代目・柳家小三治を襲名。10年6月から14年6月まで落語協会会長。2005年に紫綬褒章、14年に旭日小綬章受章、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。家族は妻と1男2女。次女は文学座の女優・郡山冬果。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請