出雲駅伝は東京国際大が初V 区間賞には同一大学なし 戦国駅伝続く

ガッツポーズで初優勝を喜ぶ東京国際大の(左から)大志田秀次監督、山谷昌也、佐藤榛紀、丹所健、白井勇佑、宗像聖、イエゴン・ヴィンセント
ガッツポーズで初優勝を喜ぶ東京国際大の(左から)大志田秀次監督、山谷昌也、佐藤榛紀、丹所健、白井勇佑、宗像聖、イエゴン・ヴィンセント

◆出雲全日本大学選抜駅伝(10日、島根・出雲市出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドーム前ゴール=6区間45・1キロ)

 学生3大駅伝開幕戦が2年ぶりに出雲路で行われ、東京国際大が2時間12分10秒で初出場初優勝を果たした。第1回大会を除くと初の快挙。3区で丹所健(3年)が首位に立ち、最終6区でケニア人留学生のイェゴン・ヴィンセント(3年)が悠々と勝ちきった。全日本大学駅伝(11月7日)、箱根駅伝(来年1月2、3日)でも旋風を巻き起こす。2位は青学大、3位は東洋大。昨季の学生駅伝2戦2勝の駒大は5位に終わった。(晴れ、気温30・5度、湿度47%、南西の風2・8メートル=スタート時)

区間賞
区間賞

 東京国際大が選手層の厚さを証明した。大黒柱のヴィンセントと3区2位の丹所というダブルエースを中心としながら、トラックでの記録以上の走りを各区間で見せた。過去最高となる30度超の暑さで見せたタフさは、数字以上に強烈。区間数、距離が延びる全日本大学駅伝(11月7日)でもV候補に挙がる上、結果次第では箱根駅伝初優勝も視界に入るだろう。不安材料の山区間攻略がカギを握る。

駅伝の戦力分析
駅伝の戦力分析

 出遅れた駒大は、日本選手権1万メートル3位の鈴木芽吹(2年)が復活すれば、やはり実力は一歩抜きんでている。箱根2連覇へ、通算13勝と得意の伊勢路で勢いに乗りたい。青学大や東洋大も主力が戦列復帰することで、さらに選手層が増すことになりそうだ。今大会では、区間賞はすべて異なる大学の選手が獲得した。戦力が分散しており、1つのブレーキが命取りになる戦国駅伝が続くことは間違いない。(箱根駅伝担当・太田 涼)

ガッツポーズで初優勝を喜ぶ東京国際大の(左から)大志田秀次監督、山谷昌也、佐藤榛紀、丹所健、白井勇佑、宗像聖、イエゴン・ヴィンセント
区間賞
駅伝の戦力分析
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請