【阪神】糸井嘉男が因縁の対決でヤクルト・田口の前に空振り三振 田口は3アウト後にまたガッツポーズ

スポーツ報知
6回2死満塁、島田海吏を空振り三振に仕留め、雄たけびをあげる田口麗斗

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―阪神(10日・神宮球場)

 阪神・糸井嘉男外野手が因縁の対決で再びヤクルト・田口に抑え込まれた。

 同点で迎えた6回1死一、二塁のチャンスで糸井が代打で登場。ここでヤクルトは田口をリリーフに送り込んだ。阪神にとっては絶好の勝ち越しのチャンスだったが、1ボール2ストライクから外角スライダーにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

 8日の同カード(神宮)では阪神が3点を追う7回2死満塁で糸井が登場し、同じように田口がマウンドに立った。糸井が空振り三振に倒れると、田口がど派手なガッツポーズを繰り返し、糸井がにらみつける場面があった。田口はその夜、自身のSNSで「マウンドでの振る舞いや、態度には相手選手のリスペクトが懸けていたと思いました」と謝罪していた。

 田口は糸井を抑えた場面では冷静に振る舞っていた。だが、2死満塁となり、島田を空振り三振に抑えると、雄たけびを上げながら再び左拳を握るガッツポーズを繰り出していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請