【女子野球】ライオンズ・レディース2連覇ならず 元西武の新谷博監督「来年リベンジします」

スポーツ報知
ZENKO・西武ライオンズレディース 5回無死一塁、西武・志村亜貴子のバントが投前となり一塁走者・小林夕衣(左)が封殺される。遊撃・田中幸夏(カメラ・軍司 敦史)

◆第16回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会第2日 ▽準々決勝 ZENKO BEAMS3―0西武ライオンズ・レディース(10日・ゼットエーボールパーク)

 昨年に続く大会2連覇を目指していた西武ライオンズ・レディースが準々決勝でZENKO BEAMSに完封負けを喫した。

 前日、同じNPB公認チームの阪神タイガースWomenを破った勢いに乗りたかったが、相手のエース右腕・田中露朝(あきの)のキレのある直球、スライダーに苦戦。3回を除いて毎回走者を出したが要所を抑えられた。元西武投手の新谷博監督は「いいゲームをしているけど、最後の1本が出なかった」と悔しがった。相手エースの田中は尚美学園大時代の教え子。「僕がそういう投手に育てたので。まだまだ改善点はあるので来年リベンジします」と覇権奪回を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請