佐藤翔馬がインカレ200平でV3、深沢大和と慶大勢がワンツー

スポーツ報知
慶大・佐藤翔馬

◆競泳 日本学生選手権(インカレ) 最終日(10日、東京・辰巳国際水泳場)

 東京五輪代表で200M平泳ぎ日本記録保持者の佐藤翔馬(慶大3年、東京SC)が同種目決勝を2分8秒46で制し、3連覇を達成した。同級生の深沢大和が2位となり、慶応ボーイがワンツーフィニッシュを飾った。

 昨年は世界歴代5位(当時)となる2分7秒02の快記録をたたき出して優勝。今年は腰のヘルニアなどの影響もあって万全ではないが、貫禄を見せた。100M平とは2年連続2冠となった。「タイム的にも肉体的にも技術的にも戻っていないが、慶応に貢献できた」と喜んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請