【巨人】決定打不足で今季ワーストタイの6連敗 得点は2試合連続で丸佳浩の1点のみ

7回1死一塁、中前安打を放つ松原聖弥(カメラ・中島 傑)
7回1死一塁、中前安打を放つ松原聖弥(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 広島3―1巨人(10日・マツダ)

 巨人が今季ワーストタイの6連敗を喫した。

 先発マウンドは中4日登板でリーグトップの12勝目を狙う高橋優貴。3回まで毎回走者を出しながらも無失点で切り抜けてきたが、4回に先制を許した。先頭の坂倉に三塁打を許すなど1死三塁から、林の打球を高橋が処理。ホームに送球して判定はセーフとなり、原監督がリクエストを要求したが翻らずに1点の選手を許した(記録は野選)。さらに5回も1死から連打で一、三塁から西川に右越え2点適時三塁打を浴び、ここで降板。5回持たず、6安打3四球で3失点でマウンドを降りた。

 打線は相手先発の森下の前に完璧に抑えられたのは4、5回だけ。それ以外のイニングは7回まで毎回得点圏に走者を進めながら決定打が出なかった。松原聖弥が7回1死一塁から中前打を放って連続安打を25試合に伸ばし、球団では68年の王貞治に並び歴代3位となった。8回に丸佳浩が2試合連続となる20号ソロを右翼席に運んだが、得点はその1点のみ。9月11日以来今季2度目の6連敗。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請