慶大、40―14で青学大に快勝し2勝目 フッカー原田がハットの大暴れ

スポーツ報知

◆関東大学ラグビー対抗戦 慶大40―14(前半33―14)青学大(10日、慶応義塾大G)

 対抗戦、リーグ戦ともに2試合が行われ、対抗戦で昨季3位、2000年度以来の優勝を目指す慶大は青学大を40―14で下し、2勝1敗とした。フッカーの原田衛(4年)が3連続トライを奪う活躍でMVPにも選ばれた。リーグ戦では流通経大が立大に22―42で敗れる波乱が起きた。

 慶大は主将の原田が前半中盤の13分間で3連続トライと大暴れ。前半6分。ロック・今野勇久(3年)の先制トライも原田からつないで生まれた。後半は無失点に抑えた。3連勝の早大、帝京大のライバル校との対決を見据え、勝ち星を先行させ、原田も「前半は特に慶応らしいラグビーが出来た」。次戦の立大戦(23日、セナリオH三郷)への気合いも十分だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請