立民・枝野幸男代表、れいわ・山本太郎代表の東京8区出馬に「本当に困惑している」

取材に応じる枝野幸男代表
取材に応じる枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、東武東上線東松山駅前ロータリーで、約300人の聴衆の前に立ち街頭演説を行った。

 演説後、報道陣の取材に応じた枝野氏は、午前中に岸田文雄首相がテレビ番組で金融所得課税の見直しについて「当面は触ることは考えていない」と述べたことに関し、「多くの皆さんが自民党が変わる象徴だと思っていた金融所得課税。結局自分の意思では何も貫けない政権だというのが示されているのが大変残念」と述べた。

 11日からは首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が行われる。枝野氏は「今の点(金融所得課税)に関しても既に(質問の)用意はしている」とした上で「自民党が変わるのか変わらないのか、そのことを岸田さんの口から具体的に説明していただけるような質問をしたい」と話した。

 れいわ新選組の山本太郎代表は8日、次期衆院選に東京8区から立候補をすることを発表。しかし同選挙区では立民、共産両党の間で、立民の新人・吉田晴美氏の一本化の調整が進められていた。枝野氏は「吉田晴美さんとそれを支える皆さんが涙ぐましい努力をしてきたのを知っている」と述べ、山本氏の参戦は「本当に困惑しているとしか言いようがない」と言い放った。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請