【高校野球】市和歌山・小園健太が高知・森木大智、明桜・風間球打とプロでの対戦を熱望

スポーツ報知
キャッチボールをする市和歌山の小園健太

 プロ野球のドラフト会議は11日に行われる。指名が有力視される市和歌山の小園健太投手と松川虎生捕手(ともに3年)が10日、和歌山市の同校で取材に応じた。小園は夏の和歌山県大会後に、同じ「高校BIG3」の高知・森木大智投手、明桜(秋田)・風間球打(きゅうた)投手とSNSを通じて交流するようになった。

 森木については「トレーニングに対する意識やメニューを教えてもらっている。目指すべきものがあってぶれない。見習わないといけない」と、感銘を受けている。風間については「内容のある話はしていない」と苦笑いした。「ライバルと言ってもいいぐらいの存在。上の舞台で投げ合いたい」と、プロでの対戦を心待ちにした。

 ドラフト会議を翌日に控え、1位指名が濃厚な小園は「ありがたい。ドキドキしている。不安な気持ちもある」と落ち着かない様子。中学からバッテリーを組む松川も「甲子園より緊張する。信じて待つだけ。本当に選ばれるのかなというのが一番浮かんでくる」と、本音を口にした。

 互いに「対戦したい」と、改めて別々のチームからの指名を希望した。松川が「ドラ1は間違いないと思う」と小園を励ませば、小園も「高い順位では行くと思う」と、松川にエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請