【東京1R・2歳未勝利】レッツリブオン4戦目V 次走は京王杯2歳Sへ

スポーツ報知
デビュー4戦目で初勝利をつかんだレッツブリオン

 10月10日の東京1R・2歳未勝利戦(芝1400メートル=16頭立て)は、レッツリブオン(牡、美浦・伊藤大士厩舎、父ダノンレジェンド)がデビュー4戦目で初勝利を挙げた。勝ち時計は1分21秒4(良)。

 中団の7番手で進み、直線に入って外から脚を伸ばした。半ほどで前をとらえると、馬体を併せながらぐんぐんスピードアップ。接戦を首差で制した。

 末脚の良さを生かせる得意の東京に照準を絞っての出走。杉原誠人騎手は「折り合えたし、味のある競馬ができた。このまま成長してほしい」とさらなる伸長を期待した。

 「やっぱり、この条件(東京・芝1400メートル)は合うね」と伊藤大調教師も笑顔。次走は「デビュー当初から目標にしていた京王杯2歳S(11月6日、東京)に向かう」とした。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請