各地で新馬が熱いです(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。本日は阪神競馬場に来ております。今年も宝塚記念は取材していたから、3か月半ぶりになりますかね。ではでは、早速行ってみましょうか♪

 さて、本日の各紙で香港国際競走の登録馬について、色々と報じられております。まぁ、グランアレグリアなど多彩なラインアップでして、まだ予備登録の段階ではありますし、海の向こうで残念ではありますが、こりゃ盛り上がるだろうなと思っております。

 ワタクシが香港国際競走を現地取材したのは2年前の2019年。この時は日本馬がアドマイヤマーズの香港マイルなど見事に3勝もしちゃって、結構な忙しさになったんですが、元々、出張もあるんかいなと思っていたんです。というのも、まだコロナではなく、香港で大規模デモが次々と起こっていた時期。街中にも出かけましたが、デモの跡と思われるような荒れた場所がいっぱいあったのは覚えています。

 そうそう、レース当日だったか。競馬場からメディアのホテルへ向かう道で、大規模デモが行われるという情報があったんですよ。普段なら20分ほどで行ける距離なのに、「当日は夜中までバスで缶詰かもしれません」という怖~い情報が。先ほど書いた日本馬の大活躍により、競馬場では原稿を書き切れず、今で言うところの「密」な状態のバスに乗るやいなや、ビビりながら紙面の原稿をパッチパチしていたんですよね。で、ちゃんと仕事をしたおかげか、何のことはない、デモに遭遇することもなく、20分ほどでホテルに着いたんですが、動けないバスに群衆の方々が襲ってきたらどうしよ、なんて思っていたモノです。けど、その数か月後にもっと怖いコロナなんてモノが襲ってくるとはねぇ。

 ということで、久々にダラダラと前振りを書いてしまったので、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心にお伝えしていきましょう。

 まずは新潟5Rの新馬に、藤岡厩舎から【グランデレジーナ(牝、父エピファネイア、母グランデアモーレ)】が参戦します。こちらは同じ厩舎にいるグランデマーレの妹になりますね。「動きが良くなってきましたね。血統的にも初戦から動けますし、楽しみにしています」と藤岡調教師。確かに調べてみると、兄のグランデマーレや、お母さんのグランデアモーレもデビューVを飾っていますし、初戦からと思ってしまう血統ですね。

 その藤岡厩舎はトレーナーが春先から非常に期待していた【ヴェールランス(牡、父キタサンブラック)】が先週の新馬を勝ちました。お母さんは藤岡厩舎で桜花賞を勝ったジュエラー。序盤に行きたがるような感じだったので、道中はどうなるかなと思っていましたが、結果的に展開を考えても強かった。「(少し行きたがったのは)ペースが遅かったからね。走りが軽いし、しまいもしっかり伸びてくれた」と内容を評価していました。「まだ成長途上だから」と今後は未定ですが、「勝ってくれたのは大きいね」とホッとした表情を浮かべていました。また、芙蓉Sで8着だった【ビヨンドザファザー(牡、父Curlin)】はもちの木賞での復帰を視野に入れています。

 続いては阪神5R。杉山晴厩舎で今年のエプソムCを勝ったザダルの下になる【カズプレスト(牡、父カレンブラックヒル、母シーザシー)】が登場します。こちらは松若Jが2週連続で調教に騎乗しています。「性格がすごく素直で、操縦性がありますね。十分、動ける態勢にあります。1800メートルがいいと思いますし、初戦から動けそうです」と手応えをつかんでいる様子。ここは藤原英厩舎の【フォーブス(牝、父ディープインパクト、母ゴーイントゥザウィンドウ)】の動きも良さそうですね。

 東京4Rには池江厩舎の【アイキャンドゥイッ(牡、父ディープインパクト、母ビーコンターン)】が出走します。この名前に何ともむずがゆさを覚える馬、池江調教師の評価は悪くないですよ。「態勢は整っていると思います。動きはキビキビしているし。軽いディープらしい走りをしますね。中距離あたりかなという感じがしますが、まずはマイルから」と口にします。今の東京は時計が速いですし、ちょうどよさそうな馬場ですよね。

 続く東京5Rは昨日触れた【チェルノボーグ(牡、父ディープインパクト、母コンテスティッド)】が主役となりそうですが、ディープ産駒がもう一頭、しかも関西馬の【ディサイド(牡、父ディープインパクト、母ラヴェリータ)】も参戦します。こちらは当初、動きが地味なように映ったんですが、「3週前、2週前あたりから、動きが良くなりましたね。今週はジョッキー(吉田隼)が『競馬を使ってもいいと思う』と言ってくれました。確かに今週の動きもよかったですからね」と高野調教師。以前に聞いた時より、取材の感触は明らかに違いますし、態勢は整っているんじゃないですかね。

 少しだけ細かいPOG情報を。松永幹厩舎で来週17日の阪神芝マイルに出走予定なのが【サザンステート(牡、父アメリカンペイトリオット、母ディープサウス)】。岩田望Jが騎乗します。「調教ではまずまず動けています。ただ、上が調教の動きほど実戦で動けなかったので、その点がどうか」とトレーナーは分析していました。

 ということで、ネット限定の「厳選馬」をどうぞ。

阪神9R・3オヌール(前走は外枠から厳しくなったが、スムーズなら好勝負必至)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

東京10R・15メイショウテンスイ(左回りの7ハロン戦ベスト。)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請