濱田岳 初の不倫ドラマに苦笑「言葉のパワーが強すぎ」 女子大生役は山下美月…テレ東「じゃない方の彼女」

スポーツ報知
テレビ東京「じゃない方の彼女」に出演する濱田岳と山下美月

 俳優の濱田岳と乃木坂46の山下美月がこのほど、11日スタートのテレビ東京連続ドラマ「じゃない方の彼女」(月曜・後11時6分)のオンライン記者会見に出席した。

 お笑いコンビの目立たない方、クラスの主役ではない方、もてない方…など、いわゆる“じゃない方”をクローズアップ。大学の准教授・雅也(濱田)が妻と“妻じゃない方の彼女”の間で右往左往する。雅也を恋に落としてしまう“妻じゃない方の彼女”の女子大生を、山下が演じる。作詞家の秋元康氏が企画・原作だ。

 不倫ドラマは初挑戦の濱田と山下。濱田は「『不倫』というネガティブな言葉のパワーが強過ぎて、高い壁に向かっている感じ。どうコメディーに持っていくか」と戸惑う。一方、山下は「世の中でタブーとされているから、作品でしか味わえない非日常感がある」とやりがいを口に。「どうやったら20歳以上、年の離れた先生が自分のことを好きになってくれるかなあ。目線の使い方も意識した」といたずらっぽく笑う。

 世間でも大半の人が“じゃない方”に該当する。司会者から「自分が“じゃない方”と感じる瞬間」を聞かれると、濱田は「(役で)ある日突然モテてしまう。好意をグイグイ持つことは僕のキャリアでなかった」と、むしろ通常の自分が“じゃない方”だと笑わせた。

 普段はグループで活動している山下も「歌番組でカメラを意識していたら、実は後ろの子を撮っていた。前から応援してくれていた方が、最近入った子を応援していると分かると心に穴があきます」と告白していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請