【阪神】金村義明氏の疑問  終盤のチャンスでなぜ代打を起用しなかったのか

スポーツ報知
7回1死二塁、島田海吏の右翼線への勝ち越し適時二塁打で生還した代走・熊谷敬宥(4)を迎える矢野燿大監督

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1―2阪神(9日・神宮)

 阪神が接戦を制し、連敗を2でストップ。首位・ヤクルトに2ゲーム差に迫った。スポーツ報知評論家の金村義明氏は、白星にも攻撃面では消極的な采配があったことを指摘した。

 * * *

 岩崎とスアレスをダブルでイニングまたぎさせるなど、継投で勝利への執念を見せた阪神・矢野監督。崖っぷちなのだから納得できる起用だが、攻撃面では消極的な采配が気になった。

 初回1死一塁で打者マルテがフルカウントのとき、一塁走者の近本に自動スタートを切らせなかったし、4回無死の一走・大山、打者・糸原の場面でも同様だった。

 最大の疑問は、後半の6、7、9回の好機に代打を使わなかったことだ。7回の島田は幸運な決勝打となったが、不調とはいえ佐藤輝や糸井、原口と、小野寺、島田、坂本なら確率はどうか、相手はどちらが怖いか。守り勝つことに頭がいっぱいだったのか。

 7回に一塁へヘッドスライディングした打者走者の中野が、しばらく留まりリクエストを期待している様子だったが、矢野監督は投手交代を告げに行っていた。ああいう時、指揮官はアウトだと思っても選手のためにリクエストしてほしい。(金村義明=スポーツ報知評論家)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×