【巨人】高橋優貴、中4日で広島戦 チームの連敗を止める 「攻める気持ちを忘れずに」12勝目狙う

キャッチボールをする高橋優貴(カメラ・中島 傑)
キャッチボールをする高橋優貴(カメラ・中島 傑)

 10日の広島戦(マツダ)に先発する巨人の高橋優貴投手(24)が9日、チームの連敗を止める決意を示した。前回登板した10月5日のヤクルト戦(神宮)では4回途中3失点で敗戦投手に。自身から始まった黒星から、チームの連敗も5まで伸びてしまった。中4日でリーグ単独トップの12勝目を狙う左腕は「無駄な四球を出さないように、丁寧にコースをついていく投球を心掛けようと思います。その中で、攻める気持ちを忘れずに強い気持ちで臨みたい」と力を込めた。

 今季は24試合に先発し、11勝7敗、防御率3・07の成績を残している。広島相手には3試合で1勝1敗、防御率2・95。マツダでは2試合で1勝0敗、防御率0・69と抜群の安定感を誇っている高橋。3試合ぶりの白星をつかみ、自身初タイトルとなる最多勝も視界に捉えることができるか。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請