宮原知子が合計208・85点で優勝 本田真凜12位 本田望結は23位で東日本進出ならず

スポーツ報知
女子フリーで演技をする宮原知子(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート ▽東京選手権 第2日(8日・西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(木下グループ)が136・55点、合計208・85点で優勝した。2位は渡辺倫果(法大)で合計182・67点、3位は松原星(明大)で合計171・44点。

 SP2位の川畑和愛(早大)が合計170・42点で4位、青木祐奈(日大)が合計168・15点で5位だった。

 16年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)は合計140・70点で12位に入り、次の東日本選手権(28日開幕・東京)進出を決めた。妹で女優の望結(プリンスホテル)は合計111・02点の23位で東日本進出はならなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請