【巨人】原辰徳監督 6回の岡本和真の走塁ミスに「年に(1度)あるかないかのプレー」とチクリ

9回、戦況を見つめる原辰徳監督
9回、戦況を見つめる原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ 広島7―1巨人(9日・マツダ)

 巨人の原辰徳監督が試合後、6回の岡本和真内野手の走塁ミスを指摘した。

 6回先頭。岡本和は四球で出塁。続く丸の左翼手の頭上を越えそうなライナーは好捕された。スタートを切り二塁をまわっていた走者の岡本和は、慌てて一塁へ戻ったが、その際に二塁を踏み忘れ。結果、広島側のアピールもあり併殺打となった。

 原監督は「年に(1度)あるかないかのプレー」とチクリ。元木ヘッドコーチも「あれはミスだよね」と話した。

 

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請