竜王戦第1局2日目が始まる 豊島将之竜王対藤井聡太三冠

豊島将之竜王(中)と藤井聡太三冠(左)の竜王戦第1局2日目。封じ手が開封されて対局が再開された(日本将棋連盟提供)
豊島将之竜王(中)と藤井聡太三冠(左)の竜王戦第1局2日目。封じ手が開封されて対局が再開された(日本将棋連盟提供)

 将棋の豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が挑戦する第34期竜王戦七番勝負第1局が9日午前9時、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で再開され、対局2日目が始まった。

 棋界最高位を懸けて戦うシリーズ。豊島竜王は3連覇を、藤井三冠は史上最年少四冠を目指す。2日目を迎えた第1局は封じ手が開封され、対局再開となった。

 両者の今期を象徴する相掛かりの将棋。慎重な駒組みが続いて形勢はほぼ互角だが、盤上は激闘が勃発する直前の不穏な空気に包まれている。

 持ち時間は各8時間で、両者とも半分ほどを消費している。9日午後に終局する見込みだ。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請