レッドソックスのA・バードゥーゴ外野手が2023年の二刀流挑戦を宣言

スポーツ報知
バードゥーゴ外野手(ロイター)

 レッドソックスのA・バードゥーゴ外野手が8日(日本時間9日)、ア・リーグ地区シリーズ第2戦のレイズ戦前の会見で、2023年の”二刀流”を宣言した。

 エンゼルスの大谷翔平投手のような先発ではなく、リリーフを目指すという。「100%、やるつもり。来年できるかどうかはわからないが、2023年までには、絶対にやってみたい。点差が開いた試合とか、中継ぎが必要な時にチームを助けることができれば」と意欲。シーズンオフには投球プログラムを開始する予定で、遠投などで、肩の強化を図るつもりだ。

 高校時代には最速97マイル(約156キロ)をマークしたこともあり「まだそれくらいはいけそうな感じがする」と意気込む。大谷の活躍が、他の大リーガーにも刺激になっているようだ。

→ 次ページに地区シリーズ第1戦MLB公式ハイライト →

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請