【巨人】序盤のリードを守り切れず広島に敗れ4連敗…山口俊はまた勝てず、7月7日以来勝ち星なし

スポーツ報知
5回1死一、二塁、マウンドを降りる山口俊(中央)

◆JERAセ・リーグ 広島6―2巨人(8日・マツダ)

 巨人は序盤の2点止まりで、4連敗を喫した。

 初回、先頭の松原聖弥が中越えに先頭打者プレーボール弾を放って先制。チームとして22イニングぶりの得点となった。さらに続く2回には先頭の中島宏之が左前打で出塁するなど1死二塁からゼラス・ウィーラーの中前タイムリーで2点目を奪った。

 だが、先発マウンドにたった山口俊が踏ん張れない。初回は3者凡退で切り抜けたが、2回に1死から3連打を食らって2点を返されて同点に追いつかれた。

 さらに5回、連打と四球などで1死満塁から坂倉に中前2点タイムリーを浴びて降板。7月7日以来、自身10試合ぶりの白星とはならなかった。続いた戸根千明も2死目を取ってから連打を許し、この回一挙4点で勝ち越された。

 打線は相手先発の大瀬良の前に3回以降は抑えられ、8回からは継投策で逃げ切られた。2位阪神は首位ヤクルトに敗れたため、阪神とのゲーム差は6・5のままとなった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請