宮原知子が72・30点で首位 川畑2位、渡辺3位 本田真凜は7位 東京選手権女子SP

スポーツ報知
女子SPで演技する宮原知子

◆フィギュアスケート ▽東京選手権 第1日(8日・西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、18年平昌五輪4位の宮原知子(木下グループ)が72・30点で首位に立った。川畑和愛(早大)が66・26点で2位、渡辺倫果(法大)が63・38点で3位だった。

 7年連続の全日本出場権獲得を目指す本田真凜(JAL)は53・58点で7位。妹で女優の望結(プリンスホテル)は41・36点で21位だった。

 今大会でシード選手を除く上位15人は、次の東日本選手権(28~31日、東京)に進出できる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請