【東都大学準硬式野球】国士舘大が完封リレー 先発の高地洋輔が7回4安打 山形中央出身

スポーツ報知
7回無失点の好投をみせた国士舘大・高地

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 国士舘大2―0日大(8日・スリーボンドベースボールパーク上柚木)

 国士舘大は6回、遠山樹人(2年=国士舘)の右越えソロで1点を先制。9回には柳沢大和(3年=前橋育英)の左越え適時二塁打で1点を追加。先発の高地洋輔(3年=山形中央)が7回を4安打、無四球、無失点の好投をみせると、8回から登板した牛込太一朗(2年=前橋育英)が最後を締めて完封した。日大は古賀涼平(2年=佐賀商)が9回を一人で投げきったが、打線の援護がなかった。

 国士舘大・高地洋輔「流れを作りたいと思い、1球1球全力で投げて勝てたのでよかったです。一戦必勝で頑張ります」

 国士舘大・遠山樹人「本塁打をイメージしていたので、イメージ通り打ててよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×