レバンガ北海道・寺園脩斗が連敗ストップへ闘志「リバウンドから走る展開に持ち込みたい」

スポーツ報知
島根戦に向け軽快な動きを見せた寺園

 B1レバンガ北海道は7日、アウェー島根2連戦(9、10日)に向け練習を公開した。前週開幕戦で広島に2連敗、昨季からの連敗も「15」に。佐古賢一新HC(51)の初勝利をかける今節。新加入で好調の寺園脩斗(27)が、島根・安藤誓哉(29)との司令塔対決に闘志を見せた。

 島根は開幕節で強豪・千葉に1勝1敗。新加入の安藤は2戦平均26得点、5アシストの大活躍。広島2連戦で先発し平均6・5得点、6アシストを記録した寺園は「橋本さん(竜馬)と交代で、安藤さんをしつこいくらいマークし、ストレスを与えたい。抑えることが、勝利につながると思います」とキーマン封じに闘志を見せた。オフェンスでも「リバウンドから走る展開に持ち込みたい」とアップテンポなゲームメークで勝利へ先導するつもりだ。(小林 聖孝)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請