村上春樹氏「16度目の正直」ならず エンタメ作家的な人気がノーベル文学賞受賞に至らない最大の理由?

村上春樹氏
村上春樹氏

 スウェーデン・アカデミーは7日午後1時(日本時間同午後8時)、2021年のノーベル文学賞をタンザニアの作家アブドゥルラザク・グルナ氏に贈ると発表した。06年から有力候補に挙がり続けている日本の作家・村上春樹さん(72)は、またしても受賞を逃した。英ブックメーカーの前日オッズで首位に立つなど、受賞を本命視されていたが、「16度目の正直」とはならなかった。

 やれやれ。村上作品の主人公「僕」の口癖として、あまりにも有名なフレーズが世界中で連呼されたかもしれない。今年も「ハルキ・ムラカミ」の名が読み上げられることはなかった。

 2006年、ノーベル文学賞の登竜門的な性格を持つフランツ・カフカ賞を受賞して以降、村上さんの受賞は国内外で取り沙汰され続けてきた。英ブックメーカーでは毎年有力候補に挙げられ、今年も「ラドブロークス」の前日予想で単独首位の5倍と本命視されたが、「16度目の正直」とはならなかった。ハルキストの落胆は「秋の風物詩」と化している。

 なぜ受賞に至らないのか。あまりに高い人気を誇るため、スウェーデン・アカデミーが村上さんをエンターテインメント作家と判断していることを最大の理由と挙げる声は多い。ノーベル文学賞は知る人ぞ知る純文学作家や詩人に贈られるケースがほとんどで、エンタメ作家が受賞したケースはほぼ皆無。村上さんの作品はカテゴリーとしては純文学だが、平易な言葉や文体を用い、都会的なユーモアセンスなどで世界中に読者を獲得している状況はエンタメ作家的と言える。世界的人気では村上さんをしのぐ米国の「ホラーの帝王」スティーブン・キングさんが、今回初めてラドブロークスの予想下位に入ったことが話題になるくらい、エンタメ作家には狭き門となっている。

 そもそもノーベル文学賞はノミネート制ではなく、選考過程が公開されるのは50年後と決まっている。1960年代に谷崎潤一郎や三島由紀夫が最終候補として議論されていたことが後に明らかになったが、50年後、村上さんは全く選考対象になっていなかったことが判明する可能性もある。

 村上さん自身はノーベル賞をはじめ文学賞への意欲を語ったことは一度もない。毎年、名前が挙がることについて、著作の中で「わりに迷惑です」とつづっている。「だって正式な最終候補になっているわけじゃなくて、ただ民間のブックメーカーが賭け率を決めているだけですからね。競馬じゃあるまいし」と否定的な見解を示し、「脳減る賞」とのジョークで断じている。

 ◆村上 春樹(むらかみ・はるき)1949年1月12日、京都市生まれ。72歳。75年、早大第一文学部演劇学科卒。79年「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞し、デビュー。代表作に「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」など。受賞歴に谷崎潤一郎賞、読売文学賞、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞など。趣味は音楽鑑賞とランニング。家族は陽子夫人。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請