【中日】プロ初猛打賞の岡林勇希「今日の夜は寝れない」鈴木誠との“ロジンコミュニケーション”に感激

5回2死二塁から右翼線に適時二塁打を放った岡林勇希
5回2死二塁から右翼線に適時二塁打を放った岡林勇希

 ◆JERAセ・リーグ 中日2―5広島(7日・バンテリンドーム)

 中日の2年目・岡林勇希外野手がプロ初の猛打賞と光を放った。

 同学年の玉村から初回に左前打。5回にはプロ初適時打となる二塁打で1点を返した。さらに8回先頭では右前にはじき返し、2点目のホームも踏んだ。

 チームは敗れて2カード連続の負け越しとなったが、本拠地で躍動した高卒2年目は「素直にうれしい気持ち。初めてのことが多かったので、今日の夜は寝れない」と喜んだ。

 試合中、思わぬコミュニケーションもあった。同じ右翼の守備につく広島・鈴木誠が、ポケットに忍ばせたロジンで岡林の背番号「60」とグラウンドに記していた。2回の守備で発見し「守備に行ったときのぞいたら60って書いてあった。ちょっとうれしかった。先輩なので(1と)返すのをちょっと…。今度もししてくれたら返してみたい。一度も話したことないので驚いてます。日本を代表する打者に書いてもらったのでうれしかった」。侍ジャパンで4番を担ったスラッガーとの“ロジンコミュニケーション”に感激していた。与田監督も「岡林は打ち損じが少なくなり、ストライクボールの見極めが良くなった」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請