宝塚月組・風間柚乃のバウ初主演作が開幕「一丸となって頑張りたい」

スポーツ報知
ルーカス(風間柚乃、左)とレナーテ(きよら羽龍)

 宝塚歌劇月組公演「LOVE AND ALL THAT JAZZ…ベルリンの冬、モントリオールの春…」(作・演出、谷正純)が7日、兵庫・宝塚バウホールで初日を迎えた。

 2014年入団の記念の第100期生で、8年目のスター・風間柚乃(かざま・ゆの)がバウ初主演を果たした。

 第2次世界大戦中でナチス政権下にある独ベルリンで、ジャズ演奏を禁止された天才ピアニストのルーカス・ボルクマン(風間)が、偶然出会ったユダヤ人の娘レナーテとともに、包囲網をすり抜けて自由の地を求める物語。

 重い題材ながら、風間が若手屈指の演技力で引き付け、軽快なジャズナンバーから入魂のバラードまで多彩な楽曲で歌唱力向上もアピールした。卒業した珠城りょうの後を継いだトップスター・月城かなと率いる新生月組を支える実力派ぶりを発揮した。

 レナーテ役には、4年目の有望株・きよら羽龍(はりゅう)が務め、こちらもバウ公演初ヒロイン。シリアスな芝居でも存在感を示した。

 公演は18日まで。座長の立場の風間は「千秋楽まで精いっぱい、一丸となって頑張りたい」と意気込んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請