市原隼人、「おいしい給食 Season2」でパワーアップ「笑われる職業だと思っています」

スポーツ報知
連続ドラマ「おいしい給食 Season2」の会見に出席した(左から)山崎玲奈、佐藤大志、市原隼人、土村芳、勇翔、綾部真弥監督

 俳優・市原隼人主演の連続ドラマ「おいしい給食 season2」(13日スタート、テレビ神奈川、水曜・後9時ほか)の制作発表会見が7日、都内で行われた。

 2019年10月に放送された「おいしい給食」の続編。市原演じる給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)が、どちらがおいしく給食を食べるかを競うバトルを描くドラマ。甘利田が転任した学校に、神野が転校してきて始まるバトル第2弾だ。

 市原は「作品のファンになってくれたお客様に恩返ししたい、その一心だけで現場に立っていました」とあいさつ。クランクイン前夜は「全く寝られなかった。あまりない経験ですが…」と作品に挑む緊張感を告白した。コミカルな演技に「正直、甘利田を見られることは恥ずかしいですが、(役者は)笑わせるのではなく、笑われる職業だと思っています。給食が好きすぎて、給食に翻弄される、一生懸命生きている滑稽さを楽しんでくれたら」と話した。甘利田と対決する神野役の佐藤は「(市原の)リアクションが派手になって迫力に押されました」とコメント。今回から初参加する生徒役の山崎玲奈も「(市原の演技に)笑いを耐えるのが大変でした」とほほえんだ。

 コロナ禍で苦しい日々が続くが、市原は「この情勢下、苦しんで必死にもがいている人がいると思いますが、全ての方に送るエールのような作品です。皆様を温かく包んで背中を押す作品です。滑稽さの中から活力をもらってください。僕はこの作品が好きすぎてたまりません」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×