【藤原義雄の南紀直送便】秋磯好発進‼口太グレ35センチ…和歌山・串本町安指

スポーツ報知

 さあ、いよいよ秋磯シーズン到来だ。グレの軽快な引きを味わおうと9月23日、串本町の安指(あざし)で“開幕戦”を楽しんだ。

 この日は大潮で、午前7時前が満潮。同行者2人と「双子の親」に上がった。ほぼ無風でナギ。好条件と言われている、下り潮が流れていた。ただ、水温が26・5度と高く、良型グレが動いてくれるのか不安だった。

 同行者が地向きの高場とケド場、私は沖向きのテラスに釣り座を構えた。1投目は、いきなり遠投。まき餌と刺し餌を合わせると25センチの尾長がヒットした。その後も20~23センチの尾長がバンバン掛かった。

 作戦変更で、さらに遠投。30メートルほど沖を釣ると刺し餌が残るようになった。「何で?」。ポイントを少しずつ元の場所に戻しても、やはり刺し餌は残った。

 タナを2ヒロへ少し深くすると、竿にガツンと衝撃。引くわ走るわで、やっと取り込んだのはハマチ。次もこの魚。こいつが回遊しているから刺し餌が残ったのだろう。その後に掛かったのは80センチを超えるメジロ。足元まで寄せたが、最後の力を振り絞られて沖に突っ走られた。ラインを送ると仕掛けが浅い根に掛かり、ウキごと持っていかれてしまった。

 ダツやハマチ、メジロ、巨大イスズミらに磯が乗っ取られてしまったのか、グレの気配が消えた。一方、同行者2人は30センチまでの尾長が入れ食いだった。

 全員がポイントを入れ替わり、私は地向きの真ん中へ。セオリー通りに浅く、遠く、オモリを打たない軽い仕掛けで“飛びつき”グレを狙った。刺し餌が残ることが多かったので「グレは絶対に居る」と確信。00号のウキ(藤原ウキ・ウエポン)にG5のオモリを打ち、深く探っていくと底近くでガツン! ついにサイズアップに成功し、35センチの口太グレが来た。同じ釣り方で33センチの口太を追加した。

 獅子岩の手前にある浅い沈み根辺りを見ると、グレらしき魚体を確認。再び浅ダナ狙いで、そこにダイレクトで仕掛けを入れると34センチの口太が一発で食ってきた。同じことを繰り返すと連続でヒットした。

 開幕戦としては、まずまずの内容。また、船長が「とんでもなく居るで」と言うぐらい、沖には浮きグレが群れていた。今後、水温が下がると口太グレも活気づき、良型のシマアジも釣れるだろう。秋磯を満喫できること請け合いだ。

 ◆藤原 義雄(ふじわら・よしお)1950年9月20日、徳島・鳴門市生まれ。71歳。21歳からグレ釣りを始め、数々のトーナメントで活躍。「ゼロスルスル釣法」の考案者。がまかつ、マルキユーなどメーカー数社のインストラクターを長年、務める。グレ闘友会会長。和歌山県白浜町で餌・釣具店「フィッシングベース海クン」を経営し、南紀の磯釣りに精通。プロ野球は大の巨人ファン。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請