サバフグ襲来負けず15尾98㌢もゲット…兵庫・明石港「名田屋」報知FC

スポーツ報知
ドスッとした重量感は手応え抜群!98センチタチウオを仕留めた矢部さん

 大阪湾のタチウオ釣りが好調をキープ。各ポイントで船団が形成され、海上をにぎわせている。サイズは小型が多いなかで、コンスタントにドラゴン級が姿を見せ、釣り人を楽しませている。また、サバフグが大量発生。この厄介なゲストに四苦八苦しながらも、報知APG・矢部卓さんが兵庫・明石港の報知フィッシングクラブ「名田屋」で、同・大西満さんが大阪・岬町小島の「第二小島丸」で釣行。リポートした。

 船から狙うテンヤタチウオのシーズンに突入した。この釣りは、様々なアタリをいかに掛け合わせるかが釣果アップの肝。大型になるほど引きも強く、何より食味が大変よい。そんなタチウオを狙って9月27日、兵庫・明石の「名田屋」に出掛けた。

 午前5時半、洲本沖を目指して明石港を出船。テンヤは50号で統一されている。餌のサンマをセットし、釣り開始の合図と同時に投入。今年はサバフグが多く、ラインを切られると聞いていたが、とりあえず着底後にリールを5回ほど巻いて底を切り、ワンピッチジャークを4回。5秒間ストップして食わせの間をつくった。アタリがなければこれを6回ほど繰り返し、底から20メートル上までを探る。

 朝イチは高活性で、底から10~20メートル付近で毎回アタリがあった。リールをやや速めに巻いて、コツコツとした追い食いの後に出るグイッとした本食いのアタリで合わせる。このパターンが良かったようで、ひと流しで8尾キャッチした。

 途中、同船者の方々が丸々と太ったサバをゲットしていた。「うまそう。私も釣りたい!」。船長にサバ用擬餌針が付いたエダスを分けて頂き(1本100円)、テンヤの80センチほど上に8の字結びで枝バリ仕掛に。水面から10メートル付近でヒットしているそうで、短冊状に切ったサンマを縫い刺しにして20メートルほど落とし、そのタナまでを狙った。

 30分経過してもアタリがないので再びテンヤを底まで落とし、最初の釣り方で水面下10メートルまでを探っていった。数投目に45メートル付近でガツガツとしたタチウオとは違うアタリ。「サバか?」と合わせると、ブルブルとした“竿触”だった。「間違いない」と喜んでリールを巻き、抜き上げたのは44センチの大物だ。

 もう1尾追加したところで潮が緩み、恐れていたサバフグが出現した。リーダーとメインラインを2回ずつ切られ、お手上げ状態に。「今日はもうダメか」と諦めかけた納竿の1時間ほど前に潮が動き出した。するとサバフグの猛攻が鳴りを潜め、再びタチウオがヒット。ただ、追い食いしてこないので即合わせパターンに変更だ。ハリ外れも多かったが、合わせた時にドスっとした重量感で一瞬、動かない手応えが。「大きいぞ」と期待しながら巻きあげたのは全長98センチ。幅が指4本半の良型だった。

 釣果は70~98センチ16尾とサバ34、44センチ。今年はサバフグが異常発生しているようなので、その対策にグリーンカラーの単色ラインがよさそうです。また、水温が下がってくると徐々に減ってくると予想されるので、これからが本番です。

 問い合わせは「名田屋」(TEL078・912・7211)へ。乗合料金は1人7000円。

(報知APG・矢部 卓)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請