札幌がDF福森晃斗と大型複数年契約…8月から交渉開始、ペトロヴィッチ監督からも厚い信頼

今季も左ストッパーから札幌の攻撃をつかさどっているDF福森(5)(6月撮影)
今季も左ストッパーから札幌の攻撃をつかさどっているDF福森(5)(6月撮影)

 J1北海道コンサドーレ札幌DF福森晃斗(28)が、来季以降の大型複数年契約を結んだことが5日、分かった。複数の関係者が明らかにしたもので、年数は3年以上とみられる。今季で契約が切れることを考慮したクラブが、8月から交渉を開始。来季も指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)が絶大な信頼を寄せる札幌の攻守の要を、来年以降も確保することに成功した。

 福森が、札幌愛を貫いた。今季までで札幌との契約が切れる福森だったが、残留の道を選んだ。契約は3年以上とみられる大型複数年。2015年の札幌加入から今季が7年目。赤黒のユニホームを着る年数が、2ケタに届く方向となった。

 絶対戦力をしっかりと保持した。福森に対してクラブは「来季以降も必要不可欠な存在」と、交渉が可能となる8月に入ってから、話し合いの場を設けてきた。来季も指揮を執ることが決まっているペトロヴィッチ監督は、福森に大きな信頼を寄せ、18年の就任から主力として起用してきた。来季以降も指揮官は絶対戦力として、福森を主軸の1人として計算している。その意思をくんだクラブは「将来的なことも見据えたものにした」と大型契約を提示。意見を交換しあった末、双方納得の上で、この日までに契約に至った。

 左足の高い精度のキックを持つ福森は、J屈指のキッカーとして知られる存在になった。ここ数年は他クラブからの注目度は高く、海外を含め、正式オファーが届いたことも複数回あった。そんな中も「僕を育て、ここまで成長させてくれたのは札幌なので」と恩に感じ、移籍はせずにきた。今回もこれまで同様に「大好きなクラブ」で、プレーし続けることを決めた。

先週から全体練習に合流している札幌DF福森
先週から全体練習に合流している札幌DF福森

 9月5日に右膝内側側副じん帯を損傷した福森は、アウェー・横浜M戦(16日)での戦線復帰を目指し、9月29日から全体練習に加わっている。チームは3日間のオフを終え、6日から宮の沢で練習を再開する。来季以降の残留が決まり、札幌に対する愛着が更に増した背番号5が、気持ちを高ぶらせ、復帰へ向けて歩を進めていく。

 ◆福森 晃斗(ふくもり・あきと)1992年12月16日、神奈川県生まれ。28歳。桐光学園高から11年、J1川崎に加入。同年7月23日のアウェー新潟戦でプロ初出場。15年に期限付き移籍で札幌加入。17年に札幌に完全移籍した。J1通算169試合11得点、J2通算78試合7得点。183センチ、75キロ。背番号5。左利き。

今季も左ストッパーから札幌の攻撃をつかさどっているDF福森(5)(6月撮影)
先週から全体練習に合流している札幌DF福森
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請