ソフトボール上野由岐子らと交流を楽しめる「ゴールドメダリストセレモニー」が11月に福島で開催

スポーツ報知
福島県営あづま球場

 日本ソフトボール協会は5日、東京五輪で13年ぶり2度目の金メダルをつかんだ女子日本代表による「ゴールドメダリストセレモニー」を11月3日に福島・あづま球場で開催すると発表した。

 五輪開幕戦の舞台となった福島・あづま球場で金メダルメンバーがファンに直接、感謝を伝える。セレモニーにはファン約500人が来場し、全国に向けて無料LIVE配信も行われる予定。新型コロナウイルス感染防止のため、来場者は福島県在住者に限定し、今月8日から日本ソフトボール協会公式サイトの特設ページにて募集を開始する。

 セレモニーには、五輪代表主将の山田恵里(デンソー)、エース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)、20歳の左腕・後藤希友(トヨタ自動車)ら金メダリスト15人が参加予定で、来場者は選手との交流を楽しめる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請