橋幸夫、引退後はスプレーアート描きたい…80歳での歌手引退を正式発表

スポーツ報知
2年後の歌手引退に向けて決意を表す橋幸夫

 歌手・橋幸夫(78)が4日、都内で記者会見を行い、80歳の誕生日である2023年5月3日で、歌手活動を引退することを正式に発表した。

 17歳のデビューから歌手として駆け抜けてきた橋が、引退を口にした。「ファンには申し訳ないが、歌の道にピリオドを打ちたい」。きっかけは、老化とコロナ禍による歌手活動の機会の減少による喉の筋力の衰えだという。

 「2年ほど前から低音を響かせようとすると、声が割れるようになった。声帯の専門の先生に診てもらったら、元に戻すのは難しいと。自分の声にがっかりすることが増え、決意した」と唇をかんだ。

 引退の一報が出た時、多くの人から連絡があったという。ただ、「御三家」として一世を風靡(ふうび)した歌手・舟木一夫(76)や西郷輝彦(74)とは連絡は取っていないようで、橋は「こういう時こそ、話をしたいね」としみじみ語った。

 引退までの2年間は歌手活動を全うする。12月8日の東京・福生市公演からラストツアー「橋幸夫コンサート 人生は長いようであっというま 夢を持って生きよう!」がスタート。橋は「体調はそんなに悪いわけではない。再来年の引退まではコンサートをやらせていただきます」と意気込んだ。関係者によると、全国160か所を回り、フィナーレは東京・伊豆大島か八丈島を予定しているという。

 歌手引退後の芸能活動については、「まだ何をするかは決めていない」としつつも、「芝居はやりたい。時代劇にできれば出たいね」。その他にも「日本の書の世界にも触れたいね。スプレーアートにも興味がある。ステキな絵を描いてみたい」と夢を膨らませていた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×