大阪偕星学園高監督に元阪神の岩田徹氏が就任

阪神時代の岩田徹氏
阪神時代の岩田徹氏

 元阪神捕手の岩田徹氏(54)が、15年夏の甲子園に出場した大阪偕星学園高の監督に来年1月、就任することが4日までに分かった。長谷部元伸監督(59)は当面の間、総監督として指導する。

 岩田氏はPL学園高で桑田、清原の1学年先輩。外野手で84年に春夏の甲子園準優勝。三菱自動車水島を経て、88年ドラフト4位で阪神に入団。捕手として58試合に出場し、打率1割7分2厘、1本塁打、3打点で98年に引退した。現在は社会人野球・履正社学園のコーチを務めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請